cs-cart

XSERVERにCS-CARTをインストールした。

投稿日:

CMSとは?・・厳密には完全に言葉を理解していないが、ショッピングサイトをいくつか試してまた、運用もして見て、だんだん技術革新やあたらしいCMSが現れている中、うちのサイトはちょっと古いな~~と日々感じながらそれなりに収入を得ているからまぁいいか??って過ごす毎日でした。

偶々?なんで見つけたが分からないが恐らく売上が激減で給付金申請をして頂いたお金で何か今の現状を改善して見ようと考えて色々探してみた結果この「CS-CART」に行きついたという所だろう。

前置きがすごく長くなりましたがだいぶ七転八倒したあげくなんとか出来上がったので備忘録かねて記録を残しておく。
CS-CARTの価格 現在国内代理店が日本語対応のCS-CARTを作り上げてくれてそれが・・約20万円
システムの概要は多国語・他通貨で構築が可能な越境タイプCMSである。
以前の記事の「Magento2」は技術的に日本人にはとても敷居が高くて完成まで至らず。
「Shopify」も契約してみたが$円の設定がなかなか難しくて出来りがイマイチだったので放置。(その後毎月3000円程度の支払いが無駄なので解約)

続きの記事ではこのCS-CARTをどうカスタマイズしたかを順に記載しておく。

-cs-cart

執筆者:

関連記事

スマホページのカスタマイズ

スマホのサイトは画面が小さい関係で操作性を注意しないとかったるくて相手にしてくれなくなる可能性がある。色々考えたがフローティングメニューを画面下に追加した。 やや、不具合(在庫管理しない設定の場合)が …

紹介システムの導入

今までの当社サイトだと、じりじりと客が流れてじりじり前年を割れる事は分かっていた。 しかし、アフィリエイトは敷居が高いし第一法律をクリアーする方法がない。 今回のCS-CARTでは色々なアドオンを探索 …

為替連動の問題

USDで仕入れる商品を利益を足した上、円で表示する方法は次の通り 原価がUSDの場合、原価に原価率で割ってUSDの売価を商品登録する。 通貨設定でUSDをメイン通貨にして非表示設定。円を右側に出ている …

メルマガをどうしても登録してほしい施策

今までのサイトで結局売り上げを維持した要因はEメールでDMをいい時期に送り続けた事がである確信がある。 今回新サイトはもう、会員登録にサービスするよりメルマガ登録にメリットを付ける事にした。 2022 …

為替シンクロについて今のアドオンに不安

為替シンクロはエラーが出ると極端な話商品の価格が全部「0」なったりする。 [eCom Labs] Live Exchange RatesではCronでJPYエラーが出たり、登録された為替サービスが使え …