cs-cart

XSERVERにCS-CARTをインストールした。

投稿日:

CMSとは?・・厳密には完全に言葉を理解していないが、ショッピングサイトをいくつか試してまた、運用もして見て、だんだん技術革新やあたらしいCMSが現れている中、うちのサイトはちょっと古いな~~と日々感じながらそれなりに収入を得ているからまぁいいか??って過ごす毎日でした。

偶々?なんで見つけたが分からないが恐らく売上が激減で給付金申請をして頂いたお金で何か今の現状を改善して見ようと考えて色々探してみた結果この「CS-CART」に行きついたという所だろう。

前置きがすごく長くなりましたがだいぶ七転八倒したあげくなんとか出来上がったので備忘録かねて記録を残しておく。
CS-CARTの価格 現在国内代理店が日本語対応のCS-CARTを作り上げてくれてそれが・・約20万円
システムの概要は多国語・他通貨で構築が可能な越境タイプCMSである。
以前の記事の「Magento2」は技術的に日本人にはとても敷居が高くて完成まで至らず。
「Shopify」も契約してみたが$円の設定がなかなか難しくて出来りがイマイチだったので放置。(その後毎月3000円程度の支払いが無駄なので解約)

続きの記事ではこのCS-CARTをどうカスタマイズしたかを順に記載しておく。

-cs-cart

執筆者:

関連記事

バナー広告のカスタマイズ

↓これはお勧め!結構綺麗に出来上がるし無料。これ使って定期的にほぼプロ並みのバナーが張れますわ。 https://www.canva.com/  

POP-UPアドオンの必要性

ページを開いた時にヤフオクのクーポンのように、とりあえずこれを見てね!みたいなポップアップメニューの事。 サイトに来て頂いた方にとにかく、やってほしい事を「意地悪く」かな?見させる事が結構大事かなと思 …

紹介システムの導入

今までの当社サイトだと、じりじりと客が流れてじりじり前年を割れる事は分かっていた。 しかし、アフィリエイトは敷居が高いし第一法律をクリアーする方法がない。 今回のCS-CARTでは色々なアドオンを探索 …

メルマガをどうしても登録してほしい施策

今までのサイトで結局売り上げを維持した要因はEメールでDMをいい時期に送り続けた事がである確信がある。 今回新サイトはもう、会員登録にサービスするよりメルマガ登録にメリットを付ける事にした。 2022 …

アドオンインストール時の注意

日本版のCS-CARTで海外サイトのアドオンをインストールする時、たまに日本語ファイルを上書きしてしまって、アドミニパネルが英語になってしまった事があります。 この、回避方法は /public_htm …