Kusanagi

Kusanagi プロビジョン済みサイトの削除方法

投稿日:2016年9月1日 更新日:

新しいテクノロジーなのかどこを探しても見つからなかったのでスクリプトメーカーに問合せをしたところこんな感じだそうです。

プロビジョニング済みのWordPressの削除方法ですが、現在では、御手数ですが、root権限にて以下の手順にしたがって配置されたファイル、およびデータベースの削除を行っていただく必要があります。

1. Webサーバ設定ファイルの削除
以下、4ファイルを削除します。
○ nginx 用設定ファイル
/etc/nginx/conf.d/{profile}_http.conf
/etc/nginx/conf.d/{profile}_ssl.conf

○ apache 用設定ファイル
/etc/httpd/conf.d/{profile}_http.conf
/etc/httpd/conf.d/{profile}_ssl.conf

○コマンド例
cd /etc/nginx/conf.d
rm {profile}_*
cd /etc/httpd/conf.d
rm {profile}_*
kusanagi restart

※ {profile} はprovisionコマンド実行時に指定した文字列
※ WordPressの表示を停止するのみであれば、この操作のみとなります。配置されたファイル等全てクリーンアップする場合は、2以降の手順も行なってください。

2. WordPresおよび関連ファイルの削除
/home/kusanagi 以下に配置された{profile}ディレクトリを削除する

○コマンド例
cd /home/kusanagi
rm -rf {profile}

3. hosts ファイルの修正
プロビジョニング時にFQDNが記述されるhostsファイルから、該当FQDNを削除する。

vi /etc/hosts

4. データベースの削除
データベースにrootユーザでログインし、プロビジョニング時に作成したデータベース、およびユーザーを駆除する。

○コマンド例
mysql -uroot -p
※ mysql のルートパスワード(init時に指定)を聞かれるので、入力してログイン

drop database {DB_NAME};

(確認 show databases;)

{DB_NAME} は、プロビジョニング時に入力したデータベース名

drop user ‘{USER_NAME}’@’localhost’;

(確認 SELECT user,host FROM mysql.user;)

{DB_NAME} は、プロビジョニング時に入力したデータベースのユーザー名

9/3追伸
次のファイルも残っていたので削除しました。

/etc/monit.d/{profile}_httpd.conf
/etc/monit.d/{profile}_nginx.conf

コマンド
rm -rf  /etc/monit.d/{profile}*

cronも残っていたので修正しました。(消した記述)

07 03 01 1-11/2 * /usr/bin/kusanagi update cert {profile}_html

-Kusanagi
-

執筆者:

関連記事

Kusanagi 後から修正について

Kusanagiの記事が多いです。 1.ブラウザキャッシュについてのチューニング https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/ で測定 …

Conoha Kusanagi プロビジョンで作成済みブログがドキュメントルートになってしまう件。(解決)

Conoha Kusanagi プロビジョンでブログを最初に作成したサイトのトップページがドキュメントルートになってしまって、善意的でない第3者にサイトの複製※をされてしまった為、スクリプトメーカに問 …

Conoha Kusanagi セットアップ

もう、はっきり個人用の覚え書き。 ○参考にしたページ https://kusanagi.tokyo/cloud/kusanagi-for-conoha/ 問題無くインストール終了。 ○Wordpres …

Kusanagiやめました。

理由 無料SSLの期限がかってに切れてサイトのSSL切れとなりコマンドラインから色々やりましたが結局サイトが全く表示しなくなりました。 このシステムは早いですが動作が不安定なのとスキルを要求される事で …